826askaの本名・年収は?エレクトーンの実力が下手だと言われる理由とは?

826askaはエレクトーン奏者で、見事な腕前と可愛らしいルックスで人気です。

2019年にはヤマハからCDを出しメジャーデビューを果たし、コンサートやテレビ番組に出演するなど多方面で活躍をしています。

今回は826askaの名前の由来や収入などを詳しく見ていきましょう。

826askaが人気の理由は?

826askaが人気の理由はエレクトーンの腕前と可愛らしいルックスです。

YouTubeチャンネルを開設したのは今から11年前、初めての動画投稿はジュラシック・パークの楽曲をエレクトーンで演奏した動画でした。

この動画は2021年現在97万回再生されています。

さらに826askaのチャンネルで一番人気の動画は、宇宙戦艦ヤマトの楽曲をエレクトーンで演奏した動画、こちらは現在1373万回も視聴されているのです。

コメントでは「何度も聴いてしまう」「感動して涙が出てくる」といったコメントが多く絶賛されています。

826askaがエレクトーンを始めたのは8歳の頃から、以前はピアノを習っていました。

そして父親からの発案でYouTubeにエレクトーンで演奏している姿を投稿し始めたのです。

一番人気の宇宙戦艦ヤマトの動画の概要欄には「ぱぱのリクエスト」と書かれてあり、コメントでは「気軽なぱぱからのリクエストでこんな人気になるとは・・」と話題になりました。

また826askaには兄がおり、兄はRyoという名前でドラム奏者として活躍しています。

826askaは兄との兄妹ユニットArcobalenoとしても活躍しており、YouTubeではArcobalenoとしてパフォーマンスをした動画も投稿されているのです。

コメントでは「仲のいい兄妹」「息がぴったりで聴いていて楽しい」などと絶賛の声が多くあがりました。

エレクトーンの実力もさることながら、持ち前の可愛らしいルックスも相まって人気となっているのです。

826askaのエレクトーンの実力は?

826askaは2016年1月1日に投稿した「スター・ウォーズ」メドレーは、イギリスの新聞社の目に留まり「謎の日本人女性による完璧なカバー」として紹介されたのです。

このことから世界中で一気に826askaの人気は高まり、カナダやスイスのメディアにも取り上げられることになりました。

そんな826askaのエレクトーンの実力は「普通。天才と言われるほどでは・・・」と言う声が見受けられます。

同じくエレクトーンを演奏している人からすると、もっとうまい人はいるとのこと。

ではなぜここまで826askaが人気になったのかというと、826askaの魅せ方や発信能力が上手いからでしょう。

誰もが知っている曲をエレクトーンで演奏したり、演奏している姿をYouTubeに投稿、実際にそのYouTubeから人気が出てメジャーデビューまで果たしているのです。

実力はどうであれ、826askaの演奏や本人自体に需要があるためコンサートやアルバムを出すなど多方面で活躍をしているのでしょう。

 

826askaの名前の由来は?

826askaの826は自身の誕生日を表しています。

2001年8月26日生まれの826aska、自身の誕生日である数字と、自分の名前を合わせたものが名前の由来となっています。

826askaの本名は?

826askaの本名は丸田亜沙伽(まるたあすか)です。

名前は非公開で826askaとして活動を行っていますが、昔のライブのポスターに本名が載っているものがあったため、本名が明らかになりました。

ちなみに兄とのユニット「Arcobaleno」はイタリア語で虹という意味があります。

826askaの身長は?

826askaの身長について情報は明らかになっていません。

しかし身長を推測できる写真もあり、826askaのTwitterではYouTuberでドラム奏者の「むらたたむ」との写真を載せていました。

むらたたむの身長は155cmと情報が明らかになっています。

826askaとむらたたむの写真を見ると2~3cmほど826askaが身長が高いです。

しかし826askaはヒールのある靴を履いており、そのヒールは低く見積もっても5cmほどでした。

写真ではむらたたむより+3cm身長が高い=158cm。

158cm-ヒールの高さ5センチ=153cmになります。

なので826askaの身長は153cmほどと推測できます。

826askaの収入源は何?

826askaの収入源として考えられるのはこの5つです。

  • YouTube
  • コンサート
  • アルバム売上
  • グッズ売上
  • 本の売上

YouTubeの収入といえば広告での収入と考える人も多いでしょう。

広告の種類や動画の高評価率、視聴維持率によって単価はそれぞれですがおよそ1再生につき約0.02円と言われています。

チャンネル登録者数が1000人を越えればYouTubeの動画に広告を貼れる条件を満たし、広告による収入を得ることができるのです。

またチャンネル登録者数に応じて一ヶ月の収入も違っており、チャンネル登録者が10万人では一ヶ月に推定10万ほどの収入があります。

826askaのチャンネル登録者は2021年時点で68万人、単純に考えると月に60万以上はYouTubeで収入を得ていることになります。

しかしYouTube以外にも、コンサートやグッズなどの販売を行っている826aska。

なかでもアルバムは現在で3作リリースをしています。

CDの売上はレコード会社によって契約は異なるものの、売上の1%が相場になっているのです。

例えば1000円のCDが1枚売れると10円、100枚売れて1000円の収益になります。

YouTubeよりかはひと月で入ってくる収入にバラつきはあるかもしれませんが、YouTubeとの収益と合わせてもかなりの収入があると推測できますね。

826askaの推定年収はいくら?

826askaの推定年収はおよそ400万円ほどと推測できます。

しかしこの400万円の年収はYouTubeの活動だけの年収です。

なのでここから上記にも記載した通り、コンサートやアルバム売上などの金額も重なってくるでしょう。

826askaは2021年時点で20歳なので、まだまだ活躍が期待できるエレクトーン奏者です。

このまま活躍し続ければ、今現在よりも多くの年収を稼ぐことができるでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました